Toshiba
東芝林間病院本文へジャンプ

救急指定病院 相模原市夜間二次救急医療協力機関 東芝林間病院

042-742-3577(代表)

住所:〒252-0385 神奈川県相模原市南区上鶴間7-9-1

相模原市検診のご案内

早期発見・早期治療を!

今やがんは、『死の病』ではなく、『早期発見・早期治療で治す病』です。胃がんや子宮がんでは早期発見できればほぼ100%完治可能で、進行した場合でも治療できるようになってきています。

近年の医療技術や検査方法の発達により、がんの治癒率は急速に上昇していますが、そこにはがん検診による「早期発見・早期治療」が大きく貢献しています。特に検診を実施している各がん項目に関しては、早期発見による治療効果が非常に高いことが特徴です。

がん検診のメリット・デメリット

~がん検診のメリット・デメリットをご理解のうえ、がん検診を受診してください~

メリット
最大のメリットは早期発見、早期治療による救命の効果です。 早期のがんであれば、そのほとんどが治り、しかも軽い治療で済みます。 がんに限らず疾病が発見されることにより、適切な治療に結び付けることができます。
デメリット
残念ながら、どのように優れた検査でも100%の精度ではありません。一定の大きさになるまで検査で発見することはできません。また、がんそのものが見つけにくい形であったり、見つけにくい場所に出たりする場合があります。 がんでないものや進行がんにならないがんが見つかった場合に、結果的にみれば不必要な治療や検査が行われることがあります。

次のような症状は、がん特有なものではなく、他の病気も見られがちな症状です。該当項目があれば、年1回は検診を受けましょう。

胃がん
胃がもたれる。空腹時や食後に胃の痛みがある。胃がはったような感じがある。食物の好みが変わった。体重減少。
肺がん
咳や痰が続く。胸痛がある。血痰が出る。
大腸がん
便に血液や粘液が混入する。1日何度も便意をもよおすが、少ししか便が出ない。残便感がある。便が細い。
乳がん
乳房にしこりがある。乳頭から血液の混入した分泌物が出る。皮膚にひきつれがある。
子宮頚がん
不正出血、おりものが増える。進行すると腹部痛、全身倦怠感。
子宮体がん
不正出血、悪臭のおりもの。
前立腺がん
残尿感、漏尿、尿が出にくい、排残病、血尿

検診の種類

二次精密検査

一次検診判定が要精密検査と判定された場合は、二次精密検査を受けて下さい

トップへ戻る

●診療受付時間
午前:8:30 ~ 11:00
午後:予約再来および急患(耳鼻科のみ初診受付あり 13:15 ~ 16:00)
*受付時間が変更となる場合があります。
●休診日(2019年)
日曜日、祝祭日、第2、第4、第5土曜日、6/7(金)
年末年始 12/28 ~ 1/3
(GW中4/29 ~ 5/1は診療日)
●面会時間
13:00 ~ 20:00

 救急指定病院 相模原市夜間二次救急医療協力機関 東芝林間病院

042-742-3577(代表) 〒252-0385 神奈川県相模原市南区上鶴間7-9-1

交通案内